MENU

SALONIA

COLUMN
「時短」を叶える。忙しい朝におすすめのブラシアイロン
「時短」を叶える。忙しい朝におすすめのブラシアイロン 「時短」を叶える。忙しい朝におすすめのブラシアイロン

「時短」を叶える。忙しい朝におすすめのブラシアイロン

HAIR | 2020.07.27

SALONIA COLUMN Vol.02

ブラシアイロンは、手軽にヘアスタイリングできる時短アイテムとして注目されています。うまくアイロンが使えず、断念した経験がある人も多いのではないでしょうか。今回は、手軽さが魅力のブラシアイロンの性能や種類、使い方を紹介します。

ブラシアイロンとは

ブラシアイロンとは、ブラシ型のヘアアイロン、もしくはアイロン機能の付いたヘアブラシのことです。ヒートブラシやブラシ型ヘアアイロンとも呼ばれています。ブラシで髪をときながら熱を加えられるためブラッシングと同じ感覚で簡単に使え、初心者にも使いやすく、簡単にナチュラルストレートヘアができるのが特徴です。

ブラシアイロンが人気の理由

ブラシアイロンが人気を集めている背景には、いくつかの理由があります。ここでは、ブラシアイロンが人気を集める5つの理由について見てみましょう。

①やけどのリスクが低い

アイロンを使用しているとき、加熱されたプレート・パイプ部分に肌が触れてしまい、やけどを経験した人もいるのではないでしょうか。

ブラシアイロンであれば、加熱箇所が肌に直接当たりにくい構造になっているため、やけどのリスクが低いのも特徴です。

②時短ができる

自然なストレートヘアなら数分で簡単に作れます。寝ぐせ直しやハネ毛の修正もテクニックいらずで思い通りの髪型に仕上がるため、手軽さと時短の両方を叶えてくれます。 急いでいるときでも手軽に使えるので、とても便利なヘアアイテムのひとつです。

③スタイリングが簡単

髪を挟んで使用するストレートヘアアイロンやコテなどは、慣れるまでに時間がかかり、扱いに慣れていない人にとって、スタイリングが難しいということもありました。

一方でブラシアイロンは、ブロー感覚でブラシと同じように髪をとくだけで簡単にスタイリングできるため、特別な技術が必要ない手軽さも魅力です。

④髪が傷みにくい

ストレートヘアアイロンと違って髪を挟まないため、従来のヘアアイロンに比べ、圧と熱によるダメージを抑えてくれるメリットがあります。

しかし、加熱することには変わりないため、長時間の使用は髪にダメージを与える原因となるので注意が必要です。

ブラシアイロンの選び方

サロニアのブラシアイロンは、ヒートブラシと呼ばれ、スリムタイプとワイドタイプの2タイプあります。好みや髪質、ヘアスタイルに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

種類(形)

スリムタイプとワイドタイプのどちらも、梳かして撫でるだけなので、忙しい朝の時間に手間をかけずにヘアスタイルを整えたい方におすすめです。

ストレートアイロンやコテを使ったことが無い初心者の方でも簡単に使いこなせます。

スリムタイプ

スリムタイプは、ショート・ミディアムヘアの方におすすめです。細めのブラシで、毛先までしっかりキャッチでき、さらツヤストレートを叶えます。

また、内巻きや外ハネもなど、細かいニュアンス作りにも最適です。

ストレートヒートブラシ スリム
詳細はこちら
ワイドタイプ

ワイドタイプは、ロングヘアの方におすすめです。 幅広ブラシなので、一気に髪をキャッチでき、簡単にさらツヤストレートを叶えます。

ストレートヒートブラシ
詳細はこちら

機能性

マイナスイオンやブラシピンの形状など、機能面の確認も大切です。細かい温度調整や自動電源オフ、海外の異なるコンセントが使用できる「海外対応」の有無などを確認しておけば、使用状況や好みに合わせて選ぶことができます。

サロニアのスリムタイプ、ワイドタイプは、どちらもこだわりの機能性を兼ね備えています。

ダブルマイナスイオン

ダブル噴射口でマイナスイオンを発生させるため、髪にまとまりがでます。

温度調整

100℃〜210℃で、5℃ずつの細かい温度調整が可能です。

オートパワーOFF機能

約30分後に自動的に電源がOFFになるので、電源を切り忘れても安心です。

海外対応

100V〜240Vに対応しています。対応電圧内の国では変圧器なしでご使用いただけます。
※変換プラグ、変換アダプターは別途必要になります。

まとめ

ブラシアイロンは手軽に髪のくせ直しやスタイリングができる、注目のヘアアイテムです。忙しい朝など時間がないときもブラッシング感覚で整えられるので、すぐにお出かけの準備ができます。ブラシアイロンがあれば朝の支度も時短できるでしょう。

使い方も簡単なので、うまくスタイリングできずに悩んでいる方や初心者の方におすすめです。毎日のスタイリングに、ぜひ取り入れてみてください。