MENU

SALONIA

基本の内巻きワンカール【初めての方向け】
基本の内巻きワンカール【初めての方向け】 基本の内巻きワンカール【初めての方向け】

基本の内巻きワンカール【初めての方向け】

HAIR | 2020.07.27

SALONIA COLUMN Vol.03

毛先をワンカールするだけでナチュラルに仕上がる内巻きは、女性らしい柔らかなニュアンスが出せる簡単ヘアアレンジです。
「アイロンの使い方がわからない」「やってみるけれど、いつもキレイな内巻きができない」など、難しいと思っている方も、基本のやり方を覚えれば簡単にできます。
今回は、初めての方にも簡単にできる内巻きのやり方をご紹介します。 

【巻く前の準備】ブロッキング

髪を巻く前にブロッキングをすると、適量ずつキレイに巻くことができ、バランス良く仕上がります。ブロッキングとは、髪を複数の毛束ごとに分けて留めることです。

分け方は、まず髪を上下に分けます。ここでいう上下とは、こめかみが基準になります。こめかみより下にある髪は、さらに左右、うしろの3本に分けていきます。

巻いている最中に毛束が落ちてスタイリングの邪魔にならないよう、上段の髪をしっかりとヘアクリップやピンで留めましょう。

ブロッキングは手間がかかる作業ですが、この一手間を惜しまないことで巻き髪のバランスや仕上がりの美しさが変わるので、ぜひ、ブロッキングをマスターしてみてください。

ストレートアイロンを使った内巻きワンカール

準備が終わったら、コテやストレートアイロンを使って内巻きを作っていきます。まずは、ストレートアイロンを使ったやり方からご紹介します。

髪の毛をまっすぐにするためのアイテムとして使われている、ストレートアイロン。実は、内巻きワンカールをつくるのにも使えます。ボブやミディアム、ロングと幅広い髪型の方におすすめで、ヘアアレンジが初めての方にもトライしやすいやり方です。

  • ① ブロッキングした下段の髪を3等分にします。
  • ② 髪の中心から毛先まで一度アイロンを通し、熱を入れます。
  • ③ 中間から毛先にかけて徐々にストレートアイロンの角度を内側に入れていきます。 手首の角度を変えながら、カールさせていくのがポイントです。
  • ④ 上段の髪も同様に巻いていきます。 ここでも、まず髪の毛全体に熱を通し、その後に毛先を巻くのがキレイに巻くポイントです。
  • ⑤ 顔周りの髪の毛は後ろに流れるように巻き、ふんわり仕上げます。
  • ⑥ きれいに仕上がった内巻きワンカールを自然に見せるため、最後に軽くほぐします。

使用アイテム

ストレートヘアアイロン 24mm
詳細はこちら

カールアイロンを使った内巻きワンカール

次は、カールアイロンを使って内巻きを作っていきます。

  • ① ブロッキングした下段の髪を3等分にします。
  • ② 髪の中心から毛先まで一度アイロンを通し、熱を入れます。
  • ③ プッシュレバーが外側にくるように持ち、中心からスライドさせていき、 毛先で半回転させます。
  • ④ 上段の髪も同様に巻いていきます。 ここでも、まず髪の毛全体に熱を通し、その後に毛先を巻くのがキレイに巻くポイントです。
  • ⑤ 顔周りの髪の毛は後ろに流れるように巻き、ふんわり仕上げます。
  • ⑥ きれいに仕上がった内巻きワンカールを自然に見せるため、最後に軽くほぐします。 

使用アイテム

セラミックカールヘアアイロン25mm
詳細はこちら

カールアイロンの選び方

サロニアのカールアイロンには、19mm 25mm 32mmの種類があり、髪の毛の長さで使い分けるのがおすすめです。

ショートヘアやミディアムヘアなど髪の長さが短い方は、25mmのタイプがおすすめです。短い髪の長さでも毛先に動きを出しやすく、丸みもつけやすいでしょう。

セラミックカールヘアアイロン25mm
詳細はこちら

セミロングからロングヘアの長さの方は、32mmのタイプがおすすめです。カールが太めなので、ふんわりカールを作るのに最適です。

セラミックカールヘアアイロン32mm
詳細はこちら

まとめ

女性らしい柔らかなニュアンスが作れる内巻きワンカールスタイル。今回ご紹介した方法なら、初めての方でも簡単にできるかと思います。ぜひこのやり方を参考にしながら、簡単ヘアスタイルを楽しんでください。