MENU

SALONIA

洗顔ブラシで毛穴の黒ずみ汚れは落ちる?効果的な使い方や選び方を解説
洗顔ブラシで毛穴の黒ずみ汚れは落ちる?効果的な使い方や選び方を解説 洗顔ブラシで毛穴の黒ずみ汚れは落ちる?効果的な使い方や選び方を解説

洗顔ブラシで毛穴の黒ずみ汚れは落ちる?効果的な使い方や選び方を解説

HOW TO | SALONIA COLUMN Vol.61

洗顔ブラシで毛穴の黒ずみ汚れを落とせるか気になっている人もいるのではないでしょうか?

この記事では、洗顔ブラシで毛穴の黒ずみ汚れを落とせるかどうかについて解説します。洗顔ブラシの選び方や使い方についても解説するので、洗顔の方法で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

洗顔ブラシは毛穴の黒ずみ汚れを落とせる

洗顔ブラシは毛穴の黒ずみ汚れを落とせる

洗顔ブラシは細い毛や電動の力で、毛穴に詰まった皮脂汚れや古くなった角質をかきだしてくれるアイテムです。

洗顔ブラシを使用すると、毛穴につまって酸化した皮脂を効率的に取り除き、黒ずみ汚れにもアプローチできます。手だけでの洗顔では、主に顔の表面の汚れしか落とせませんが、洗顔ブラシを使えば毛穴の汚れにもアプローチが可能。

また、毛穴の汚れを取り除くことで、化粧水や美容液が毛穴まで浸透※しやすくなる効果もあります。
※角質層まで

洗顔ブラシで毛穴が広がる?使用時の注意点

毛穴の汚れにしっかりとアプローチできる洗顔ブラシですが、「使用すると毛穴が広がる」という声を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。実際に洗顔ブラシを使用すると毛穴が広がるのか、使用時の注意点とあわせて解説します。

  • 誤った使い方で毛穴が広がることも
  • 長時間の使用を避ける
  • 肌トラブルが気になるときは使用しない

誤った使い方で毛穴が広がることも

洗顔ブラシで肌に過度な刺激を与えてしまうと、毛穴が広がる原因になることがあります。毛穴の汚れをしっかり落とそうとすると、洗顔ブラシで肌をゴシゴシこすりたくなりますが、肌の表面をやさしくなでるように洗いましょう。

泡立てた洗顔フォームを肌とブラシの間にはさんで、ブラシが直接肌に当たらないようにイメージする洗い方がおすすめです。 とくに手動の洗顔ブラシは、手で握って使用するため力加減に注意が必要です。

長時間の使用を避ける

洗顔ブラシは、長時間使ったからといって効果が高まるものではありません。

必要以上に使用してしまうと、肌への刺激が毛穴の広がりや肌トラブルの原因になることも考えられます。洗顔ブラシの効果をしっかりと発揮するためには、製品ごとに定められた使用方法を守ることが何よりも重要です。

使用する洗顔ブラシの説明書やメーカーの指示に従って、適切な使用回数や使用時間で洗顔しましょう。

肌トラブルが気になるときは使用しない

ニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起きているときは、洗顔ブラシでの洗顔が過度な刺激になってしまうこともあります。その場合は肌トラブルが悪化しないように、一度洗顔ブラシの使用を中止しましょう。

また、敏感肌や肌が弱いなどの理由で刺激を感じる場合も使用を控えるか、回数・時間を減らしたほうがよいでしょう。

洗顔ブラシの選び方

洗顔ブラシの選び方

洗顔ブラシにはさまざまな特徴があり、それぞれ特徴が異なっています。ここでは、以下の項目に沿って自分にあったブラシを選ぶ方法を解説します。

  • 肌質や予算に合わせて選ぶ
  • ブラシの素材や形状で選ぶ
  • お手入れのしやすさで選ぶ

肌質や予算に合わせて選ぶ

洗顔ブラシには、大きく分けると手動と電動の2種類があります。

手動の洗顔ブラシは細い毛で作られているものが多く、毛穴にアプローチしやすいのが特徴。柔らかく肌への負担が少ない天然毛や、柔らかく肌あたりがやさしいシリコンなど種類も豊富なので、自分の肌に合ったブラシを選べます。またリーズナブルな価格で購入できるものが多いです。

電動の洗顔ブラシは手洗顔だけでは落としきれない汚れを、たっぷりの泡でケアできるのが特徴。ブラシ以外のパーツが付属しているものなど、さまざまな機能を搭載しているタイプもあります。 電池式か充電式かで使い勝手が変わるので、使用するシーンや用途をイメージして選ぶのがおすすめ

電動洗顔ブラシは複数のモードを搭載していたり、ボディ用のアタッチメントがついていたりと、使い勝手の良さや性能の高さも魅力です。ただし値段は手動よりも高いものが多い傾向にあるので、自分の肌質や予算に合わせて選んでみてください。

ブラシの素材や形状で選ぶ

洗顔ブラシは素材や形状、仕様によって効果が異なります。 たとえばシリコンブラシは柔らかく、肌への刺激が少ないのが特徴です。

天然毛は細くとがった毛で、毛穴までしっかりとアプローチできます。コシがあるものや柔らかいものもあるので、肌あたりが好みのブラシを選ぶとよいでしょう。化学繊維を使用した洗顔ブラシは耐久性が高く、回転式の電動ブラシは洗顔料が泡立ちやすいのが特徴です。

音波の力でブラシを高速振動させる音波式の洗顔ブラシを選べば、肌に優しくしっかりと汚れを落とします。一般的に音波式洗顔ブラシは、振動により広がった泡でブラシが直接あたっていないところまでケアできる点がメリットです。自分の肌や用途に合わせて好みのブラシを選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

洗顔ブラシは毎日使うものなので、お手入れが大変だと使うのが面倒になってしまいます。肌に触れるものでもあるので、清潔に保ちたいと考える方も多いでしょう。

シリコンタイプの洗顔ブラシは速乾性が高く、洗ったあとにサッと水を切れば乾かすことができるのが魅力。電動の洗顔ブラシを選ぶ際は、水で丸洗いできるタイプだとブラシ自体のお手入れもしやすく清潔に使用できます。

SALONIAのイオンフェイシャルブラシ(電動洗顔ブラシ)は防水仕様。本体ごと丸洗いできるので、お手入れも簡単です。洗面所でもお風呂でも、清潔な状態で使用できます。

イオンフェイシャルブラシ

洗顔ブラシの使い方

洗顔ブラシを毎日の洗顔に取り入れる際は、正しい方法で使用し肌への刺激を抑えることが大切です。正しい使い方をきちんと確認したうえで、黒ずみ汚れをケアしましょう。

  1. メイクはクレンジングでしっかり落とす
  2. 顔と洗顔ブラシをたっぷりのぬるま湯で濡らす
  3. 乾いた状態で使用すると肌に摩擦が生じるので注意が必要
  4. しっかりと泡立てた洗顔料を、額・頬・鼻・あごにのせる
  5. 洗顔ブラシを垂直に顔にあてる
  6. たっぷりのぬるま湯で洗う
    <POINT>
    メイクを落とさないで洗顔ブラシを使うと、メイク汚れが毛穴の中に入り込む恐れも。できるだけクレンジングでメイクを落としてから、洗顔ブラシを使用しましょう。

    洗顔ブラシは洗顔料にあてる感覚ですべらせ、肌に強く当て過ぎないように使用します。使用後は毛穴まで入った洗顔料をしっかり落とすために、いつもより時間をかけて丁寧にすすいでください。

洗顔ブラシの使い方は、以下の記事でも詳しく解説しています。

洗顔ブラシを使わない方がいい人

【まとめ】洗顔ブラシで毛穴の黒ずみ汚れをケアしよう

洗顔ブラシは正しく使用することで、毛穴の黒ずみ汚れや蓄積された角質を取り除く効果を期待できます。

ただし間違った使い方をしてしまうと、毛穴が開いたり肌トラブルを引き起こしたりする可能性もあるので注意が必要です。 正しい使用方法や自分に合ったタイプの洗顔ブラシを選んで、毎日のスキンケアに上手に取り入れてみてください。

SALONIAのイオンフェイシャルブラシ(電動洗顔ブラシ)は、独自の技術で手洗顔では残りがちな、毛穴奥の汚れにまでしっかりとアプローチします。気になる毛穴の黒ずみ汚れはもちろん、毛穴の角栓や肌のざらつきにアプローチが可能です。黒ずみ汚れが気になる方は、ぜひ試してみてください。

イオンフェイシャルブラシ