MENU

SALONIA

初心者でも簡単こなれ感。おしゃれなお団子ヘアを作るポイント【サロニア監修】

初心者でも簡単こなれ感。おしゃれなお団子ヘアを作るポイント【サロニア監修】

ARRANGE | SALONIA COLUMN Vol.09

定番人気のヘアアレンジといえば、お団子ヘア。でも、お団子ヘアって意外とバランスの取り方が難しかったり、上手に作らないと崩れてきてしまったりしますよね。お団子ヘアをきれいに作っておしゃれに見せるコツは、「髪をしっかり結ぶこと」「表面の髪をほぐしてボリューム感を出すこと」「後れ毛をゆるく巻くこと」です。
今回は、簡単にこなれ感の出せるお団子のやり方とポイントを詳しくご紹介します。


誰でも簡単!お団子ヘアの作り方

お団子ヘアと言っても、スタイルはさまざま。作り方もいろいろありますが、今回は初心者さんでも簡単にできる基本的な方法をご紹介します。

2WAYアイロンで作る

こなれ感のあるお団子ヘアは、ストレートアイロンとコテ(カールアイロン)を使うことで、簡単に作ることができます。お団子にした時にはみ出した後れ毛をカールアイロンで巻くとニュアンスが出て、顔周りはストレートアイロンでウェーブ巻きにすることで軽やかな印象に仕上がります。今回は、どちらも切り替えができる2WAYタイプを使ってアレンジします。

2WAYストレート&カールヘアアイロン

詳細はこちら

  • ①髪をひとつに結びます。(少しくらい後れ毛が出てもOK)
  • ②後頭部に丸みが出るよう、表面の髪を少しずつ引き出す
  • ③サイドの後れ毛をコテ(カールアイロン)で巻きます。
  • ④前髪をストレートアイロンでウェーブ巻きにします。
  • ⑤お団子から少し髪を引き出し、ルーズ感を出します。

<POINT>
髪が短めの方や大人っぽい印象に仕上げたい方は、①でお団子を作るときに低めに結ぶようにしましょう。反対に、カジュアルな雰囲気にしたいなら、高めのお団子にしておくのがおすすめです。フェイスラインの延長線上で結ぶと、バランスが良くなります。

おしゃれなお団子ヘアを作るポイント

こなれ感を出すために、3つのポイントを押さえておきましょう。

①髪をしっかり結ぶ

お団子を作る前の髪を結ぶ段階は、いわば土台。土台をしっかり作っておかないと時間が経つと崩れてきてしまいます。こなれ感のあるルーズなお団子ヘアを作るときも、髪はしっかり結んでおきましょう。

②表面の髪をほぐしてボリューム感を出す

お団子ヘアでこなれ感を出すには、かっちり仕上げすぎないことが大事!髪をひとつにくくったら、表面の髪をほぐしていきましょう。結び目のゴムのところを手で持ち上げるようにしながら、表面の髪を少しずつ引き出します。一気にたくさんの髪を引き出そうとせずに、少しずつバランスを見ながら引き出すのがポイントです。後頭部に丸みが出るように髪を引き出してボリュームを出すと、シルエットがきれいになります。

③後れ毛はゆるく巻く

髪を結ぶ前に、こめかみや耳前・耳の後ろ・襟足などにおくれ毛を残しておきましょう。バランスよくおくれ毛を残すとおしゃれな印象になります。出しておいた後れ毛は、コテ(カールアイロン)でゆるく巻くことで、こなれ感がアップします。

お団子ヘアをきれいに仕上げるためにしたいこと

髪を巻いておくと扱いやすく、こなれ感も出しやすい

サラサラのストレートヘアだと、お団子は崩れやすくなってしまいます。ストレートヘアの方は、あらかじめ髪を巻いておきましょう。また、あらかじめ髪を巻いておくことで、髪の表面にボリュームを出しやすくなり、こなれた印象にもなります。

スタイリング剤を使うと崩れにくい

「お団子を作ったときに髪がぴょんぴょん飛び出してくる」「時間が経つと崩れてくる」という場合は、髪を結ぶ前にワックスやヘアバームなどのスタイリング剤を髪全体に揉み込んでおきましょう。髪がまとまりやすくなって崩れにくくなります。

まとめ

簡単でおしゃれに見える、お団子ヘア。今回ご紹介したポイント「髪をしっかり結ぶこと」「表面の髪をほぐしてボリューム感を出すこと」「後れ毛を巻くこと」を参考に、練習してみてくださいね。
また、お団子ヘアはマスクをつけていても可愛く見えるスタイルです。マスクに合わせて、ヘアアレンジも楽しみましょう。